東北秋田県の総合建設コンサルタント

TOP > 採用情報 > 鈴木 暁

多くの経験が自分をも成長させてくれる
一緒に地図に残る仕事をしませんか

事業2部 課長

鈴木 暁

岩手大学 工学部(建設環境工学科)卒業/入社17年目(2000年度入社)

就職活動をしていたときは、長男ということもあり秋田県内の建設コンサルタント業界で設計系の仕事をしたいと活動をしていました。縁あって入社してから最初の5年は橋梁や道路、農業土木を経験しました。今は河川の仕事をして10年目になります。また、(一社)東北測量設計協会の会員である弊社は、東日本大震災のときには災害協定に基づき国交省からの要請で、堤防の調査をし災害申請資料をまとめたりと責務を果たしてきました。有事の際にはこうした要請に応えられることは弊社の強みでもあり、やりがいでもあり、大変なところでもあるかもしれません。忙しい日も多いですが、その分責任を果たすことのよろこびも大きい会社です。

仕事内容

私は事業2部に所属し、水環境系の業務がメインです。土木で言えば堤防や河川、農業土木で言えば水路や取水堰の設計などを担当しています。また構造物と言われる、堤防を横断している樋門(水のトンネル)や護岸などの点検・診断も行っています。仕事全体の7割がデスクワークで3割が現場での仕事です。最近は高度経済成長期に造った構造物の点検や維持メンテナンスも増えています。

やりがい

自分が設計したものが完成して、設計通りにその働きを見届けたときにやりがいを感じます。「徹夜してでもやって良かった」と大変だった日々が吹き飛びます。15年経った今もそれは変わりません。目の前の仕事をきちんとやることで大きな仕事も任せてもらえるので、「常にいいものを作ろう」という向上心と創造力があれば、会社が認めてくれると思います。

スキルアップ

弊社ではOJTの考え方を基に、知識や技能などはチームの先輩から業務を通して学ぶことがとても多いです。入社してからもさまざまな分野を経験するため、ずっと同じ上司ではありません。担当業務によってもチームが分かれるので、多くの経験をすることがスキルアップにつながっています。期限がある仕事を間に合わせる責任感を共有しているからこそのチームワークがあります。

メッセージ

時には体力勝負のところもある会社ですので、体力に自信がある体育会系の人も向いている仕事だと思っています。また、ある時はA4の紙が厚さ10㎝にも及ぶ報告書の作成もあり、その要点をまとめて分かりやすくお客様に説明することも求められます。私は体力のほかに忍耐力、素直さ、正直さ、が大切だと思っています。一緒にレベルアップできる仲間を楽しみに待っています。

募集要項はこちら

HOME | 新着情報 | 会社紹介 | 事業内容 | 採用情報 | 会社概要 | 個人情報保護方針