東北秋田県の総合建設コンサルタント

TOP > 採用情報 > 若手社員インタビュー(防災・減災)

vol.1

interview

防災・減災

防災・減災の仕事とは

豪雨や地震等が起こると、道路、河川、砂防、ダムなど広範囲(流域全体)で同時多発的に災害が発生します。弊社では、災害発生後の被災状況の調査や災害復旧のための設計を行っています。また、災害を未然に防ぎ被害を最小限にするために道路、河川・砂防、農業土木など総合的な目を持ち、チームで調査や設計を行っています。

vol.1

奥村 勇貴

2016年度入社
秋田大学 工学資源学部
土木環境工学科卒

趣味:音楽

村上 綾

2016年度入社
酪農学園大学 農食環境学群 環境共生学類
生命環境コース卒

趣味:写真、DIY

千國 秀

2017年度入社
秋田工業高等学校
土木科卒

趣味:釣り

q1どんな仕事をしていますか?

奥村

河川に関わる調査や設計がメインです。現場での調査、構造計算、図面や報告書の作成、そして、それをお客さん(国交省や県・市町村など)へ説明するなど、仕事は多岐にわたります。

村上

ため池や頭首工、農業用排水路などの施設を新設したり、老朽化した施設を補修・更新するためには、工事を行う前に、調査や計画、設計などを行います。その中で、私は主に、調査・計画に係る仕事をしています。

千國

現在は、主に砂防堰堤の設計をしています。図面作成だけでなく、数量計算も行っています。まだまだ勉強しながら、教えてもらいながら進める部分もたくさんありますが、頑張っています。

q1入社した理由を教えてください

奥村

はじめは橋梁分野に興味を持って、大学は構造系の研究室にいました。何となく設計をやりたいという思いがありましたが、具体的にはどんな分野が自分に合っているのか、悩んでいましたので、さまざまな工種を取り扱っている当社に興味を持ちました。

村上

地元である秋田で地域に貢献できる仕事をしたいと思ったのが入社した理由です。また、屋内の仕事だけではなく、外に出て仕事ができることや、様々な人と係る仕事であるということも私には魅力の一つでした。

千國

土木科で学んだことを専門的に生かせそうだと思ったからです。また、学生のときに学校に最新のドローン講習に来て教えてくださったのが、ウヌマ地域総研の社員の方でしたし、最先端技術でもあるドローンを使って仕事をしたいと思ったのが入社した理由です。

q1実際に入社してみていかがですか

奥村

入社する前から、忙しい仕事ということは認識していましたが、実際にもやはり忙しいことは否めません。それは、現場によって設計条件や方針が変わるので、ルーチンワークが少ないからだと思います。逆を言えば、それが楽しく感じる要因でもあり、やりがいでもあります。

村上

当社は同業他社に比べ、20代から30代の若手社員や、女性も多く働いています。月に一度行っている「若手社員勉強会」では、発表や議論を通していい刺激を受けています。

千國

休日出勤をする機会が多い時もありますが、振替休日もしっかりととれますし、現場で仕事をする楽しさもあって、やりがいのある職場だと思います。時には、現場で蜂に刺されて病院に行ったというハプニングもありました(笑)。会社には、話しやすい先輩が多く、若手(アンダー30)の飲み会も楽しみの一つです。

q1休みの日は何をしていますか?

奥村

大学時代にバンドをやっていたので、たまに楽器を弾いたり、音楽を聴いたりしています。最近では、小説を読むのが趣味です。

村上

ドライブが好きなので、休日は家族や友人と色々な場所に遊びに行っています。大学時代に写真部だったこともあり、行った先々で写真を撮っています。家族や友人と過ごす時間がいい気分転換になっています。

千國

プライベートでは、よく釣りに行きます。ラーメンも大好きで、プライベートだけではなく、仕事の現場の近くのお店でラーメンを食べるのが楽しみの一つになっています。

q1入社してから辛かった経験談と、それによって得られたことは?

奥村

2017年度は、秋田県内で大規模な豪雨災害があったため、その復旧のために奮闘する日々が続きました。災害が起きれば、その年は忙しい年になりますが、被災現場を実際に見て、災害から守るための仕事をしている自覚を改めて感じ、仕事のやりがいにつながりました。

村上

入社してすぐの頃は分からないことが多く、様々な場面で考え方や価値観の違いを感じてしまい、受け身の姿勢で仕事をしていたように思います。しかし、主担当技術者として仕事を任せてもらえるようになり、仕事をすることの責任を自覚するようになりました。まだまだ至らないところも多く、技術者として未熟で、辛いことや大変なこともたくさんありますが、その分やりがいや達成感も大きい仕事だと思います。

千國

毎日が勉強という感じなので、勉強することが苦手な自分としては、辛い部分が多々ありますが、実際にやってみると案外簡単だったり、分からないところや難しい内容が分かった時の達成感や充実感もあります。

q1これからのビジョンを教えてください

奥村

直属の上司は40代で、すぐ年上の先輩は少ないのですが、その分、早くからいろいろな仕事に挑戦させてもらっています。これからは資格取得にも挑戦し、技術者としてキャリアを積んでいきたいです。

村上

技術者として経験を積むことはもちろんですが、資格取得にも積極的に挑戦し、技術者として成長していきたいと思います。

千國

今ある目の前の仕事を一生懸命にやって、数年後には立派な技術者になれるようにしたいです。そのための、資格取得等も頑張りたいです。

q1最後にメッセージをお願います

奥村

全国大手の企業と比較するとニュース等で報道されるような大規模なプロジェクトは少ないかも知れませんが、地元を支える縁の下の力持ちが我々の仕事です。扱っている工種も多種多様で、さまざまな経歴・専門の技術者がいます。まずは、会社見学にいらしてください。

村上

土木や建設と聞くと現場作業をイメージする方が多いと思いますが、調査や計画、設計など、様々な仕事がある事を知って欲しいです。一度見学に来て、実際に働いている様子を見たり、色んな話を聞いてみてはいかがでしょうか。

千國

他の部署の人もみんな優しい会社です。忙しい会社は仕事内容も充実していると思うので、自分は入社して良かったと思っています。現場では昼に大好きなラーメンも食べれますし、屋内にこもることなく、色んな外の現場で経験を積むことができる会社です。

募集要項はこちら

HOME | 新着情報 | 会社紹介 | 事業内容 | 採用情報 | 会社概要 | 個人情報保護方針